シェアオフィスの印象について

昨今はシェアオフィスの認知度が高くなっていますが、それでも「シェアオフィスを利用したいが、利用していることは隠したい」という人は少なくありません。
「儲かっていなさそうに見える」というのが理由だと思われますが、隠すことによるマイナスの影響も考慮すべきです。
例えば、シェアオフィスを利用してカウンセリング業をしているという場合、場所がシェアオフィスだということを顧客に伝えておかないと、入口まで来ても別の会社だと勘違いされて帰られてしまうおそれがあります。

 

シェアオフィスを利用しているなら、それをちゃんと伝えるべきですし、むしろ隠していることを顧客に知られてしまうと、信頼は瞬時に失われてしまいます。
むしろ、「顧客に低料金でサービスを提供するために、コストのかからないシェアオフィスを利用している」ということをはっきり伝えてしまったほうが、信頼は勝ち取りやすくなります。
ですから、隠すくらいなら最初から利用しないほうがよいですし、利用するのであれば堂々と利用するべきだといえます。